美容とリラクゼーション

エステ、ダイエット、脱毛、岩盤浴やスパなどのエリア情報と美容に関すること

部屋の中でも日焼け止めは必要!おすすめの室内向け日焼け止めを紹介します

      2016/08/28

作成

日焼け止め塗っていますか?

今や女性だけでなく男性もスキンケアを気にして日焼け止めを塗っている時代。

夏場はもちろん、春先から冬前まで、長きにわたって入念に日焼け止めを塗っている人も増えてきていますね。

夏の太陽

日焼け止めだけだと心配なので、長袖やはおりものをして、さらに日傘をさして・・・という人もよく見かけます。

でも、それって出かける時だけじゃないですか?

実は、それは駄目です。

家の中にいても紫外線は窓ガラスやカーテンを超えて入り込んできているので、日焼け止めは塗る必要があるのです。

しっかり日焼け対策をしているのに、肌の劣化を感じる人は、室内での日焼け対策不足が原因かもしれません。

室内で日焼け止めが必要な理由

窓際に置いてある本や光が差し込むところの床や家具が色あせている事はありませんか。それはまさに紫外線の仕業です。

紫外線は目に見えないので、明るさイコール危険度の強さではなく、夜でも微量ながら紫外線は出ている状態です。

中でも紫外線のA波(UVA)は、窓ガラスがあっても関係なく照射量されています。

しかも、日焼けで肌を小麦色に変化させるB派(UVB)に比べて、急激な変化は与えないのに、肌の奥深くに浸透して、シミやしわの原因となるのです。

知らないうちに肌にダメージを与えて、忘れたころに肌に変化をもたらすなんて・・・サイレントキラーですね。

私はインドア派でほとんど家の中にいますが、明るい自然光が好きなので、窓際のデスクに座って仕事をしている時間が長いです。

あと、日向ぼっことかも好きだし、窓辺で読書したりとかも結構します。

家の中にいるので夏でも日焼けはあまりしなくて肌の色は色白なほうですが、紫外線はバンバン浴びている事になりますね。

なので、これを知ってからは、朝起きて顔を洗って化粧水をつける時に日焼け止めを塗ることにしました。

でも、肌が結構劣化してるんですよね・・・。

「もっと早くにこの事実を知っておきたかった」というのが本音です。

せめて今からはしっかりケアしていこうと続けています。

肌って、毎日の積み重ねで差が出ちゃいますからね。

室内向け日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方でお馴染なのが、SPFの数値とPAの+の数です。

SPFは、UV-Bを防ぐ度合を示す数値です。ドラックストアなどでよくみかけるSPF50は、夏のレジャーに出かける時用なので、そこまでの高い数値のものは必要ありません。

SPFが高いと肌への負担が大きいものもあるので、室内に届くUV-B対策としては、SPF20とかSPF10とかが適当でしょう。

PAは、UV-A防ぐ度合を示す数値で、こちらは室内でも屋外同様に降り注いでいるので、日常生活に対応できる程度のPA+か、屋外での軽いスポーツ程度を想定したPA++位がよいです。

ニベアの日焼け止めSUNプロテクトウォーターこども用

室内用の日焼け止めとして、SPFとPAを十分満たしているのがこのニベアSUNプロテクトウォーターこども用です。

ニベアの日焼け止めパッケージ

で、一番の魅力は安さです。

日焼け止めって結構高いやつとかありますよね。化粧品メーカーのだしているものだと5000円位するのも普通です。

でも、これは、120gも入っていて、1000円でおつりがくる。セールやっていたりしたら2個買えちゃう勢いですね。とにかく安い。

日焼け止めって、ほとんどの人が塗りが少ないと言われています。

たっぷりと塗った方がいいし、3時間くらいしたら塗り直したほうがよいんです。

これなら値段を気にせずに塗れます。

使用感はこんな感じ

見た目はこちらの写真のように白色をしています。

ニベア日焼け止めを手の甲に乗せたところ

手の甲に100円玉大位のサイズで出してみたのですが、少し傾けるとゆっくりと液体が流れていく感じが分かりますか?

さらさらとした水分量多めのジェルタイプで、すごく伸びが良くてしばらくすると肌にすっとなじむ感じなので、とっても塗りやすいです。

日焼け止めというよりもオールインワンゲルとか美容液を塗っているような気さえします。

においも極力抑えられていて、日焼け止めクリームにありがちなケミカルっぽい臭いは全然しません。さすがに化粧品の様なはなやかな香料の感じはないですが、いやみがない無香料です。

なんてったってこども用ですからね。健全なスキンケアという感じです。

ノンアルコールなので、敏感肌やアトピーの方も使っているようです。

私も肌は弱い方で、蚊にさされた跡やあせもや湿疹のようなものもよくできてしまうのですが、ニベアSUNプロテクトウォーターは問題なく使えています。

それから、クレンジングなして落とせるのも嬉しいです。

夏場は汗をかいてただでさえべとついているのに、その上にベタッと密着する感じのハードな日焼け止めは肌に負担を感じます。

室内なのにそんなのを塗っているのはなんだか休まりませんよね。

つまり、これはもう、非の打ち所がないってくらいとっても気に入っている日焼け止めなんです。

まとめ

一昔前は、いかにも日焼け止めクリームですというような強力一辺倒の商品しかありませんでしたが、日焼け止めのバリエーションがすごく増えています。

ニベアSUNプロテクトウォーターは、室内用に最適で、肌に優しくて、塗り易くて、使い勝手がいいので、本当におすすめです。

名前が「for kids」でこども用となっていますが、幅広い世代の人にとって室内での日焼け止めは必要なので、絶対に塗る習慣をつけた方がいいです。

そのうちパッケージ違いで同様の品質の「室内用日焼け止め」が発売されるかもしれませんね。

ニベアの日焼け止めは人気のシリーズですし、とにかく安いので、室内での日焼け止め対策をしていない人はぜひ試してみてくださいね。

スポンサードリンク


 - 美容