美容とリラクゼーション

エステ、ダイエット、脱毛、岩盤浴やスパなどのエリア情報と美容に関すること

たらこ唇をメイクで隠す方法

   

作成

ぼてっとしたたらこ唇がコンプレックスになっていてメイクで隠したいと思っていますか?

気になると、メイクをするたびに憂鬱な気分になりますし、なんとか解消して、自信の持てるように・・・いや、せめて、気にならないように、したいところですね。

そこで、たらこ唇をメイクで隠す方法についてまとめてみました。

リップ色の選び方で工夫する

真っ赤な口紅を塗るとたらこ唇が目立ってしまうと思っていませんか?

赤は目立つ色なので、たしかにその傾向はあるのですが、真っ赤かどうかというよりも、似合う色でどうかということが大切です。

多少派手な色でも、肌の色とあっていてなじんでいれば、それほど目立たないものです。

逆に、地味な色を選んでいても、色があっていなくて、唇だけ浮いた色味になっていると、結構目立ってしまいます。

自分に似合うリップの色を見極めるためには、パーソナルカラー診断をしてもらったりして、似合う色を知ることが大切です。

その上で、ヌーディーでナチュラルな色味を選ぶようにすると唇のインパクトが抑えられます。

例えば、ベージュ、薄いピンクや薄いオレンジなどです。

また、グロスをつけたり、艶感のつよいリップも避けたほうがよいでしょう。艶を与えることは、その部分を強調させることになるので、唇の大きさも強調して見えてしまうからです。

肌の質感にあった自然な潤いや、多少マットっぽいくらいの控えめな感じで仕上げるのがおすすめです。

一回り小さくリップラインを描く

唇のピンク色の部分と、口周りの肌色の部分の境界線を物理的に変えることで、唇を小さく見せようという方法です。

まずは、唇全体にファンデーションを塗って肌色になじませます。赤みがあまり抑えられないようであれば、境界線の部分にコンシーラーを塗るとよいでしょう。

その後、リップラインを、実際の唇より気持ち内側に引き、内側を塗っていきます。

ポイントは、無理に小さくしすぎないことです。あくまでも、自然な感じで、ライン1本分内側にするような感じです。

違和感があると、逆に目立ってしまいますので、気をつけましょう。

ポイントを上にもっていく

アイメイク、眉毛、頬の上の方にチークを入れるなどの方法で、注目が顔の上の方に集まるようなメイクにして、唇の印象を相対的に抑える方法もあります。

目の周りの印象が薄いと、赤みのある唇の印象が強調されて、よけいにたらこ唇に見えてしまいます。

そうならないためには、唇のインパクトよりも、アイメイクなどに力を入れましょう。

アイラインをしっかりと引いて、アイシャドウを立体的に入れ、つけまつげでボリュームを出すなどです。

ただし、顔全体のバランスが取れていないと、目も唇も主張しすぎて、ケバイ化粧になってしまったり、顔に色はついているけれどへんてこりんなメイクになってしまう場合もあります。

メイクによって、強調するところを強調し、抑えたい所を抑えるには、自分の顔のつくりや特徴をしっかりと把握しておく必要があります。

人によって、合うメイクと合わないメイクがあるのです。

メイクは、足したり引いたりすることで、調和できると美人に見えます。

たらこ唇というコンプレックスは、引き算したいところですが、他の部分に、どのように足し算をすると調和できるのかが重要です。

調和が取れたうえでのたらこ唇であれば、ウイークポイントではなく、チャームポイントになりえるでしょう。

ポイントが全くない顔は、メリハリに欠けるので、特徴的なパーツがあることは、強みになりやすいともいえます。

だれでも、自分の顔の中で、気に入っている部分とそうでない部分があるのは普通です。

でも、メイクの方法をすこし知っているかどうかで、美人とみられるかどうかが変わってきてしまいます。

顔の特徴は、一生付き合っていくものなので、どうせなら、活かし方を見につけて、自分らしいメイクを楽しみたいものですね。

スポンサードリンク


 - おしゃれ